2013年03月31日

【怪しいオーディオアクセサリー】

今年もの季節でテンションが上がっている 白髪犬です!

昨日、行ってきた岸和田城の桜をパチリ。
2013_03_31_001.jpg
天気にも恵まれ、桜もちょうど満開でした!

さてさて、このブログでも過去、エルン冴などのオーディオアクセサリーを紹介させていただいているG-Clefさんの商品で、エレスタという商品ラインアップがあります。
IMG_4164_.jpg
メーカさんの商品紹介から簡単に抜粋しますと・・・、エレスタはマイナスイオンを放出する鉱石を加工して作られた製品で、その作用でオーディオ機器の静電気を除電し機材本来の音を引き出す・・・と言うものです。
製品タイプは色々あるのですが、基本的な使い方は、エレスタを除電したい部分(ケーブルコネクタ部分、I/Oジャック付近、ターンテーブル、CDトレイ、etc.)に置くor密着させます。

と、ここまで書いていて、読まれている方も感じると思われますが、はっきり言って非常ーに胡散臭いです。
しかし、百聞は一聴に如かずで聴き比べるとこれがBefore-Afterで音が変わるんです・・・。

そもそも普通の据え置きオーディオ用のアクセサリなのですが、これをなんとかポータブルで使えないかと考え、本来はCDのトレーに貼る用の『Elesta for DiscU』をポータブル環境のDAP、DAC、アンプの間に挟んで試してみました。

IMG_4165_.jpg
薄型のシートを・・・
(裏側は両面シール面になっていて、保護シートを剥がせば貼れる様になっています)

IMG_4167_.jpg
某ポタピタシートに貼り付けて

IMG_4168_.jpg
機材の表面に貼って多段に重ねます。

視聴環境はAK-100 >光> MB-2 >> fi.Q、ヘッドフォンはベイヤーのDT1350

で、肝心の音はと言いますと、エレスタありでは無しに比べて細かな音が伸びやかに広がり、ノイズ感(実際にノイズがあるわけではないのですが・・・表現が難しい)が減って音の鮮度が上がったような感想を持ちました。

ただ、こればかりは試して聴いて頂かないと納得してもらえないと思います。
白髪犬も聴き比べるまでかなり効果を疑っていましたので・・・、試聴サンプルがアサヒステレオセンター店頭にありますので実際に比較試聴して頂くことが可能です。

『Elesta for DiscU』はもともと片面が両面テープになっており、テープを剥がして貼れるのですが、それでは今回比較レビューができないので上記のような方法をとりました。
効果を実感して常用するなら緩衝材がわりに貼ってしまうのも良いかもしれません。
また、ポータブルアンプの筐体の内側に貼るという手もあります。
工夫次第で色々な方法があると思いますので、興味のある方は試していただけたらと思います。

Elesta(エレスタ)for DiscU BL 税込価格¥10,000-IMG_4164_.jpg
IMG_4208_.jpg

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
ラベル:写真 モノ紹介
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。