2013年05月27日

【製品紹介〜iFi Audio〜その2】

ペンタックスリコーイメージングのGRが非常に気になる今日この頃、白髪犬です。

さて、前回の予告通りiFi Audio iLinkの紹介を〜と思ったのですが、書くのを忘れていたラーメン屋さんがあることに気づいたので(笑)

四月のはじめ頃、京都の桜を撮りに行った帰りに立ち寄ったお店、近鉄京都線 桃山御陵前駅ガード下 大中(だいちゅう)さんです。
検索してみると結構歴史の古い有名なお店のようで、ガード下と言う立地も昭和の雰囲気を漂わせているお店です。
けっして今風の清潔感あふれるおしゃれな内装では無いのですが、綺麗にしようという努力が感じられ、雰囲気も悪くありません。
2013_05_27_003.jpg
今回は定番と思しき、大中ラーメン ロース(元味) を注文。
スープも元味、新味(和風豚骨)から選べ、味の濃さネギ、もやしの量、トッピングなども無料で色々選べます。
そんな訳で、温泉卵とキムチを追加、味の濃さは普通、ネギ多め、もやし普通、のオプション選択。

さて、まずスープを一口・・・豚骨鶏ガラの濃厚系、一瞬 天一のスープが頭をよぎりましたが、天一のスープよりは濃度がサラっとしていて、何よりも旨みがあるのに臭みがが無く、スープのコクが良い余韻のままに鼻から喉に流れていきます。
麺は京都のラーメンらしい中太のストレート麺。
全体が混ざってくると、キムチやニンニク、紅しょうがに負けない個性と旨味のあるスープが全体の味をガッチリと受け止め、タッグを組んで飽きない味へと昇華させています。

新規開拓はリスクも伴いますが、やはり新しい発見あると嬉しいですね!
京都に行く際は途中下車してもまた食べたい味。ごちそうさまでした。


えー、今度こそ本題w。
iFi Audio micro iLINK(税込 ¥41,790-)の紹介です!!
2013_05_27_001.jpg
2013_05_27_002.jpg
micro iLINK 製品詳細(オフィシャルサイト)

この商品はDDC(デジタル to デジタル コンバーター)というカテゴリの製品になります。
デジタルtoデジタル??と聞いてピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、機能としてはPCのUSB出力を受けて、同軸S/PDIFや光の出力に変換すると言うモノです。
で、その出力とDACとをつないで、PCから音を出します。

と、ここまで読まれた方は、最近のDACはほとんどUSB入力がついてるから、そのままPCとつながるのでは・・・?と思われる方も多いと思います。
ですが、白髪犬が試した範囲では、USB入力を持つDACであっても、高い確率でDDCを通して同軸でDACに入力した方が音のグレードが上がっているように感じます。

ジッターだ何だと難しい話は製品紹介のページをご覧下さい。他力本願です、すみません。

要はDDCで変わるか変わらないかと聞かれれば、白髪犬の見解では変わると答えます。
今回、iLinkを聴いて思ったのは、ボーカルがしっかり浮き出て彫りが深く、背景の音も非常に立体的に鮮度感を持って表現されています。

動作環境はWindowsの場合のみASIOドライバーをダウンロードする必要が有り、MAC、Linuxではドライバ不要です。
ちなみに、Voyage MPDでも問題無く音出し出来ました。

この製品には独自の JET(Jitter Elimination Technology)と言うジッター除去技術があり、スイッチでON・OFFする事が出来るのですが・・・
テスト中、JET ONの状態でLinux環境24bit/192kHzを再生した時に音が出なくなり、このJETのスイッチを一旦OFFにして、再度JET機能をONにすると音出しできたという事がありました。
ごくごく限定的な環境下での事例ですが、JETの機能にON・OFFスイッチがあるということは、新しい技術ゆえの不確定な部分が有るのかも知れません。

ただ、そういった事を差し引いても非常に魅力的な製品であることに変わりはないと思います。

前回紹介した、micro iUSBPower(税込 ¥31,290-)と、今回の micro iLINK(税込 ¥41,790-)アサヒステレオセンターにてお買い求め頂けます。
使いこなしも含めて、興味を持たれた方はツイッター、メール、お電話、お気軽にお問い合わせください〜

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 12:34| Comment(3) | TrackBack(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

【製品紹介〜iFi Audio〜】

カラッとした五月晴れ・・・年中で数少ない季節を堪能している 白髪犬 です。
もうすぐ (υ´Д`)アツー を連発することになるでしょう・・・w

さて、先日、東京へ行った際に刀削麺の専門店刀削麺荘 唐家 秋葉原店さんに行ってきました〜
このお店自体、秋に紹介してもらって行っていたのですが、その際にどうしても試してみたいトッピングがあり、再訪問してきました。

ひとまず、麻辣刀削麺を注文。
2013_05_20_004.jpg
まず、基本的に刀削麺というのは、練った小麦粉の塊を包丁で麺状に削りながら沸騰した湯の中に投入し湯がいて辛味系の調味料と合わせた麺料理です。
麺としては太めなのですが、モチモチと食感に弾力があり、表面がざらついているので汁や調味料と絡みやすくなっています。
坦々麺や辛味系の麺が好きな白髪犬としてはまさにどストライクな麺料理だったわけです。

で、気になっていたトッピングは“しびれ”というもので、初めての体験です。
まず、麻辣というのは、唐辛子のような辛さの「辣味」らつみ と花椒の舌が痺れるような辛さである「麻味」まみ からなっており、この“しびれ”トッピングは麻味の花椒(ホアジャオ)であろうと予想が付きます。

とにもかくにも、出てきた麺を一口食べて・・・(;゚Д゚)!
いままでの食経験で味わったことのない鮮烈な味!!!日本の山椒では絶対無い味だと思います。
口にする度、舌の上を駆け抜ける痺れ、体中のアドレナリンが吹き出すような感覚を覚えました。
唐辛子の辛さとは次元の違う刺激を味わいたい方は、心して是非チャレンジしてみてください!期待の斜め上行くこと間違いなしです。
アキバへ行った際はまた立ち寄りたいと思います〜。

さてさて、久しぶりの更新で、枕が長くなってしまいましたが、本題は先日発売されたiFi AudioのiUSBPowerとiLinkという製品の紹介です。

iUSBPower & iLink
2013_05_20_001.jpg

まず、今回はiUSBPower(税込 ¥31,290-)の方から
2013_05_20_002.jpg2013_05_20_003.jpg

iUSBPower製品詳細(オフィシャルサイト)

iUSBPowerの機能を簡単に紹介しますと、PCとUSB機器の間に挟んで接続したUSB機器の音質を向上させようとするものです。
USBはご存知の通り、信号とバスパワー電源が混在しておりPC側の電源ノイズがUSB機器にまで影響を及ぼすと言われています。
この製品では、USBの信号ラインと電源ラインを分け、アースループをも遮断して、バッテリー駆動以上にノイズを下げる効果を得る事ができるという事です。

さらに画期的なのは、今までこの手のUSB信号をアイソレーションする機器はあったのですが、このiUSBPowerはそれらの中で初めてUSB2.0 High Speedモード、24bit 192kHzまで対応しているという点です。
ハイレゾリューション対応のUSBオーディオ機器が増える中でこれは嬉しい仕様です。

今販売されているUSBDACでは、聴感上ノイズを感じる製品はほとんどありませんが、この実際にiUSBPowerをPCとのあいだにはさんで使ってみると、音の背景が黒くなる(静かに)なって、音のコントラストがはっきり感じられ、細かい部分まで自然に音が出ているように思います。

歪が少なくなり、打ち込み系のエネルギッシュさや刺激感は減少したように感じるので、好みや環境によってはその部分が物足りなく感じる方はいるかもしれません。

iUSBPowerを使う上では特別にドライバ等は必要ないため、現在発売されているほとんどのDACに使用可(オフィシャルページにて)とされ、他にも応用としてUSBーAコネクタから5V給電する機器にも使うことができると思われます。
オーディオの基本は電源から!お手持ちのUSB機器のパワーアップに是非。

次回はUSB DDコンバータiLinkの紹介予定です〜〜

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。