2010年07月17日

スピーカーユニット、エッジの張替え〜その1〜

ジブリ作品は新しいものより、やっぱりラピュタが1番かな〜と思ってしまう、おっさんこと白髪犬です。

今日はスピーカユニットの修理(エッジの張替え)が入ってきました。

JBLの38cmユニット
blog0717 003_.jpg


このユニットは、エッジがウレタン製です。
ウレタンのエッジは、コーンの動作が軽いのですが、
経年変化を起こしやすい性質を持っています。
なので、今回のように破れてしまったエッジを
経年変化の比較的少ない合成皮革に張替え修理します。


まず、ユニットのふちに沿って、エッジを押さえているスポンジを剥がしていきます。
結構接着剤が強力なので慎重に剥がします。
blog0717 005_.jpg


次に、ボロボロになったエッジを除去します。
エッジを剥がしただけでは、ノリとウレタンのカスが付着して
新しいエッジが綺麗に貼れないので、丁寧に削り取り、綺麗にしていきます。
blog0717 006_.jpg


だいぶ綺麗になりました。
blog0717 008_.jpg


次に新しいエッジになる素材をユニットの大きさに合わせて切っていきます。
ある程度伸縮性があり、ネバリのある素材なので、
薄さの割に綺麗に切るのが難しいです。
なかなか一回でピッタリと合うことは少なく、何度か切り直しては
元のように自然にエッジが貼れるように調整していきます。
blog0717 009_.jpg


その2へ続きます〜〜


紹介させて頂いた修理内容は、アサヒステレオにて承っています。
修理をご希望の方は白髪犬までメールして頂くか、
店舗までお気軽にお問い合わせください。

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 17:55| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。