2010年10月01日

USB品質向上計画〜RAL-EXTPW01〜電源を外部供給

ついに10月、衣替えの季節ですね〜そんなわけでそろそろ“つけ麺”から“ラーメン”に衣替えを考えている白髪犬です。

いつも通りラーメンネタを書こうと思っていたら・・・先程、通販で頼んでいたIYH!商品が届きましたので、急遽差し替えでUPさせて頂きます。
そんなわけで、届いたのは・・・コレ↓ Quattro for iPhone4 です。
101001 014_.jpg
101001 003_.jpg

ファクトロンさんが発売しているiPhone用のジュラルミン削りだしケースです!
http://factron.net/
パッとした見た目ももちろんかっこいいのですが、細部の作りこみがめちゃくちゃ丁寧で、精度がすごいです。
表面も指紋がつきにくい加工がしてあって(ジェフローランドの様な表面仕上げ)好感触!
久しぶりにモノを持つ喜びと・楽しさを感じました。
メイドインジャパン万歳!

と、興奮気味なのですが(笑)本題のUSBの音質向上ということで、今回はラトックシステムさんから発売された
RAL-EXTPW01 (税込価格 ¥26,000)を紹介します。
101001 008_.jpg
101001 011_.jpg

RAL-EXTPW01は内部にバッテリー(単3電池4本)を内蔵して、PC本体とUSB機器の間に接続し、バスパワー駆動のUSBオーディオ機器の外部電源として働く機器です。
詳しくはこちら→ http://www.rexpccard.co.jp/products/subpage/ralextpw01.html

最近USB関連のDDC(デジタルtoデジタルコンバータ)やDAC(デジタルtoアナログコンバータ)が非常に増えているのですが、それに平行してPCやオーディオに詳しい方からはUSBの電源の品質について疑問の声があがっていました。
この製品はそれに答えるようなコンセプトを持ったものであると思います。
また、データラインと電源ラインの両方にノイズフィルタを搭載しているということで、バスパワー以外のUSB機器にも品質向上が望めそうです。

さて、気になる効果の程ですが・・・先日、実機サンプルをテスト試聴させて頂きました。(USBDACはRAL-2496UT1を使用)
RAL-EXTPW01を通すことにより確かに、細部の音の表現力のUP、音の明暗のコントラストがハッキリし、音場がひとまわり大きくなったように感じました。
PCオーディオ環境でUSB機器を使用されている方は試す価値ありではないかと思います。

紹介させて頂いた商品は、アサヒステレオにてご注文を承っています。
ご購入を希望の方は白髪犬までメールして頂くか、
店舗までお気軽にお問い合わせください。

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 12:01| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。