2010年10月19日

初心者講座〜mini to RCAケーブル自作編 その2〜

ではでは、ステレオミニとRCAの変換ケーブル自作編、早速前回の続きから〜

Y字分岐パーツのケーブル経に合わせて上手くハマるように熱収縮チューブでケーブルの太さを調整します。
101016 040_.jpg
101019 005_.jpg


次は、RCAピンプラグ側のケーブルの加工です。(Y字側も線を同じように剥いておきます)
101019 021_.jpg


基本はRCAケーブル自作編と同じで、予備ハンダ等しつつ、作業していきます。
101019 024_.jpg


Y字分岐パーツに実際に線をはめ込み、ハンダ箇所を調整しつつ位置決めをします。
101019 007_.jpg
101019 011_.jpg
101019 013_jpg.jpg
ハンダ付け後、絶縁と固定のため、ホットボンドを流し込みます。
固定にはホットボンドの他に各種接着剤を使っても良いかと思います。

Y字分岐パーツのカバーを接着固定し、さらに熱収縮チューブで仕上げます。
101019 016_.jpg

すみません、写真を撮り忘れたのですが、ここで被せている収縮チューブはY字部でハンダ付けする前にケーブルに通しておかないと処理することが出来ません。

これで完成です〜〜
101019 018_.jpg

熱収縮チューブを上手く使うことで見た目にもこだわったケーブルに仕上がると思います。ぜひ、チャレンジしてみてください。
実際に使用する前には、必ずテスターで導通を確認してください。

その1へ戻る

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 17:58| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。