2010年10月29日

【新規入荷情報】marantz NA7004 ユーザーフレンドリーなネットワークオーディオプレーヤー

真空管アンプのぬくもりが丁度良いと感じる今日この頃・・・白髪犬です。
前回に引き続き、唐辛子つながりで、地元近く 近鉄大和八木駅高架下のラーメン店、雷文さんの辛味噌ラーメンです。
101029 001_.jpg
いわゆる昭和を感じさせる、オーソドックスなラーメン屋さんなのですが、地味にスープに深みがあってお気に入りのお店です。
醤油ラーメンのベースに唐辛子肉味噌がベストマッチでちょっとビターな味噌の香りがアクセントの逸品です。

さて、今日の本題〜マランツから新しく発売されたネットワークオーディオプレーヤ
NA7004 税込価格 78,120円 です。
101029 003_.jpg
101029 004_.jpg
marantz商品紹介ページ http://www.marantz.jp/ce/products/audio/network/na7004/7004prm/index.html
電源を投入して軽く触った印象は、簡単明確な操作性とこの手のネットワーク機器にありがちな設定やモタつきをほとんど気にしなくても良い事です。

NA7004は、DLNA1.5に準拠したネットワークオーディオ機能、USB DAC機能、同軸/光デジタル入力、iPod/iPhoneデジタル接続対応フロントUSB入力、Bluetoothレシーバー「RX101」により多様化する音源に対して柔軟な接続性を実現。さらに、視認性に優れた有機EL ディスプレイや専用ワイヤレスリモコン、Webコントロール機能によって快適な操作性を提供します。そして、ピュアオーディオメーカーとして磨き上げてきた数多のテクノロジーによって、多様化する音楽ソースを高音質に再生することでかつてない感動体験をお届けします。(メーカホームページより抜粋)
と、あるように、まずNA7004単体でUSB DACとして、iPhone・iPodからの入力(デジタル)、USBメモリからの再生、に対応しています。
さらに、LANケーブルを介してルータに接続することによりNAS(DLNA対応)からのファイル再生やネットラジオにも対応します。
そして、これらの操作をほとんど直感で操作できてしまうのが凄いところです。
液晶表示も日本語漢字対応でファイル名も文字化けすること無く、比較的大きなフォントで表示されるので見やすいと思います。

以上、操作性面を中心に書いてきましたが、音質面もこの機能と価格を考えると十分コストパフォーマンス良さを実感して頂けると思います。
マランツらしく綺麗にまとめあげられた音で変なクセがなく、ソースを選ばず聴いて頂けると思います。
デジタル入力、光・同軸は192kHzまで対応ながら、USBは24bit 96kHz、ファイルは48kHz(FLACは96kHz)までの対応と若干残念なところも見られますが、現状まだまだ高サンプリング周波数のソースが少ない事を考えると、機能を割りきって低価格を実現したNA7004のコンセプトは非常に好感が持てます。
NA7004は本格的なネットワークオーディオの入門機として間違いのない機器と言えます。

紹介させて頂いた商品は、アサヒステレオにて実際に視聴して頂けます。
又、ご購入を希望の方は白髪犬までメールして頂くか、
店舗までお気軽にお問い合わせください。

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 17:48| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。