2010年11月26日

東京インターナショナルオーディオショウ2010 まとめ〜その5〜

先日、沖縄に行った際に念願の本場のソーキそばを食べてきました〜白髪犬です。
101126_.jpg
特にお店などは調べずに行ったのですが、なんとなく普通の定食屋さんっぽい"花笠食堂"というところです。
場所は国際通りをちょっと入った路地の奥にあり、結構わかりづらいのですが、中途半端な時間にもかかわらず賑わっていました。
麺は、平たいちぢれ麺で、スープは鰹と豚のブレンド。ラーメンと言うよりは、肉うどんなどに近い味かもしれません。
しかし・・・スープが美味しかったです。絶妙なブレンド具合で、臭みもなく、麺とも上手く合っていました。具の豚も厚味があり、軟骨のコリコリとした触感、旨みが良かったです。
普段食でも体に良さそうで、麺食いにとっては常食にしたいお味でした〜

つい、麺になると熱くなってしまいますが(笑)・・・本題のレポート続きです。

G509 ハイエンド
DSCN2020_.jpg
101109 076_jpg.jpg
スピーカーはランシェ、DAC・コントロールアンプはEMMラボで演奏中でした。
ランシェのスピーカーはツィータに他ではあまり見ないイオン式ツィーターを採用しています。
振動板を持たないこの方式のツィーターから出る高域は、今までに体験したことのない自然な響きに聴こえました。

G510 マランツ

101109 132_.jpg
スピーカーはB&W 800D、アンプ、トランスポート関連はクラッセで演奏中でした。
B&W、クラッセ共、期待の新作で、興味を持って聞きましたが、期待を裏切らない音が出ていたと感じました。
クラッセは見た目は現行品とさほど変化していないように見えましたが、内部は確実にアップグレードされていると思います。
800Dも安心して聴ける安定感のようなものを感じました。

D401 エイアンドエム
DSCN2024_.jpg
101109 081_.jpg
スピーカーはHiraga、アンプはエアータイトで演奏中でした。
真空管らしい温かみがある感じで、これからの季節恋しくなるような音だと思いました。
また、300Bの真空管が参考展示してあり、桐箱入りでいかにも日本製らしい見た目と品物を"持つ"喜びが感じられるパッケージになっていると思います。

D502 スキャンテック

DSCN2028_.jpg
101109 085_.jpg
スピーカーはパウエルアコースティック、アンプはグラスマスターで演奏中でした。
パウエルアコースティックというメーカは全く聞き覚えがなく、価格も中々のものですが、外見からは想像できないような音場感と鮮度感のある音が出ているように感じました。
また、アナログレコードソースが非常に上手く、気持ち良く鳴っていたのが印象的でした。

D503 ユキム
DSCN2031_.jpg
スピーカはELAC、アンプ類はホルボーンで演奏中でした。
ELACの小型スピーカは何度も耳にしていたのですが、それに比べると今回のフラッグシップモデルはちょっとピンとこない感じを受けました。

D5ホール アクシス
101109 091_.jpg
101109 093_.jpg
スピーカはウィルソンオーディオMAXX、アンプ類はFMアコースティックで演奏中でした。
会場の広さに余裕もあり、ウィルソンオーディオのスピーカが気持ちよく鳴っていました。
試聴スペースの座席の端で聴いていても存在感のある音が聴こえてきました。
iPhoneやipod、iPadとの連携を重視した商品展示も多数見られたのが印象的でした。

その6に続きます〜
その4に戻る

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 13:37| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。