2011年01月10日

USB音質向上計画〜電源を試行錯誤する・その2

昨年末のラーメンは大阪・大国町の無鉄砲さんで締めましたが、年が開けてまだ、ラーメン専門店の食い初めをしていない白髪犬です。
110110 028_.jpg

無鉄砲・Wスープ(割合 豚骨5:醤油5)・ちょいコテ・麺大盛り・ネギ多め で、注文。
最近はこの組みあせが自分の中でのベスト!Wスープは普通だと 豚骨6:醤油4の割合になるのですが、それだと最近は食べ終わりにちょっとくどく感じるようになって来ました。
このお店の凄いところは、ちゃんと割合や麺のゆで加減、多め少なめを聞いてくれるところですね〜厨房が忙しそうだとどうしても個別の注文を遠慮してしまうので。
体調やその日の気分によっても細かく味を変えられるので飽きずに通ってしまいます・・・最近行列が長くなってしまって食べるのに別な気合が必要なのがたまにキズですが・・・この時期外に並ぶのが寒い:(;゙゚'ω゚'):サムィー

さてさて、USB音質向上計画〜電源を試行錯誤する 昨年の続きです。

ご注意:ここに掲載する内容は、メーカーの動作保証範囲を超える内容が含まれており、ユーザーの自己責任のもとに行うことを前提としています。個別の環境、作業内容に関してアサヒステレオセンター及び、白髪犬は問い合わせに応じられません。また、記事内容に伴ういかなる損害も、アサヒステレオセンター・白髪犬・メーカー・ショップは補償できないことをご了承ください。

次回予告で書いたとおり、更なる外部電源の高品質化を狙って エーワイ電子さんから発売されている 汎用アナログ電源 DC5V 4A を導入しました〜
110110 014_.jpg

結論から言いますと、このLINDEMANN USBDACと汎用アナログ電源が個人的に自宅のDAC環境になっています。
高品質な外部電源を導入したことによって、前回のバッテリー駆動したときのクリア感や音の伸び、空間の広さに加えて、音に厚味や濃さが出てきたように感じられました。
初めから付属のACアダプタと比べると言わずもがなですが、その音質の差は歴然です。
電源でここまで音が変わるなら、標準状態では機器の潜在能力が眠っていることになります。本国のメーカでなんとか純正電源を出すか、付属のACアダプタを高品位な物にしてもらいたいものです〜
追記(6月2日)
LINDEMANN USBDACのACアダプタはセンターマイナスとなっております。
一般のACアダプタはセンタープラスのモノが一般的ですので、付属以外のACアダプタをご使用の際は極性を十分確かめ、必要に応じて極性反転プラグ等を噛ませて下さい。(今回の電源も極性を逆にしてセンターマイナスにて動作させています)
また、今後メーカーの仕様変更により極性が変わる可能性もあります。メーカー動作保障外での動作は自己責任になります。テスター等でチェックしながら十分注意して作業して下さい。


次に、USBケーブルですが前回のバッテリー駆動の考え方をさらに拡大して、外部ACアダプタから5V電源を供給出来るケーブルを作ってみました。
110110 033_.jpg

もちろん、PCにつながる端子側には電源ラインを接続していません。
また、ここにつなぐACアダプタによっても音が変わるのでしょうが、今は取り敢えず家に転がっていたトランス型ACアダプタを接続しています。
(600mA・4.5V表記でしたが、無負荷状態でテスターで測ってみると5.3V程でした。この辺は負荷状態でも変化するので、機器により相性等が出るかも知れません)
信号線にはMOON AUDIOのブルードラゴンを奢りましたので、音質も上々な感じです。(ブルードラゴンの線径がUSBコネクタの経にぴったり)

現在、PCから外部DACに接続する場合、PCに音源ボードを増設したりオンボードのコネクタを使わない限り、USBかFireWireを使うことになります。
USBかFireWireか、については色々な優劣論があります。ただ、規格としての汎用性やコネクタなどの部品の入手性はUSBの方が格段に良く、その分音質の伸び代や色々試して遊べる余地があるように思います。
その余地をUSBの甘さと見るか面白さと見るか・・・正直、PCオーディオの分野はまだ過渡期の状態です。(おそらくこの状態はかなり長く続くと思います。10年単位で)だからこそ、自分は趣味としてのPCオーディオを1つのやり方に凝り固まらず、多様な方向で考え・試し・聴き 楽しんで行けたらなぁと思う次第です。

その1へ戻る

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 12:08| Comment(3) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も同じDACを所有しており、この記事を参考にエーワイ電子さんに同じ電源を注文してみたのですが、結論として使用できませんでした。電源の青ランプは点灯するものの、DACを接続してもDAC側のランプは点灯せず、音も出ないままでした。
一応、本記事を参考に同じ電源を注文されようとしている方がいるかも知れませんので、ご参考まで。
Posted by 守屋 公晴 at 2011年06月01日 23:36
ブログ記事をご覧頂きありがとうございます。また、それにより誤解を招いてしまい、申し訳ありません。
リンデマンに元から付属していたACアダプタを調べて頂ければ分かりますが、普通はセンタープラスの所、リンデマンはセンターマイナスになっています。
ですので、そのままでは動きません。
電子工作系のお店等で極性反転プラグが販売されていますので、そういった物を利用されれば大丈夫だと思います。(私もそうして使っています)
ブログの内容が言葉足らずで、無用の混乱を招き申し訳ありませんでした。
Posted by 白髪犬 at 2011年06月02日 00:38
ご返答、ありがとうございます。
そういうことだったのですね。
早速、極性反転プラグを探してみます。
こういうものは基本自己責任と分かっていたつもりでも、
いざ上手く行かなかった時のガッカリ感がそれなりに大きかったので、
アドバイス頂けてとても助かります。
Posted by 守屋公晴 at 2011年06月02日 08:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。