2011年01月14日

音楽再生専用PCを考える・序章

先日、11日に商売繁盛の神様、今宮戎神社"えべっさん"の残り福に行ってきました〜白髪犬です。(9日が宵戎(よいえびす)、10日が十日戎(とおかえびす)、11日が残り福(のこりふく)と言います)

毎回ブログを書くとき、枕(落語で言う本題に入る前の話題)をどうしようかと考えるのですが、最近は結構ネタがあり、枕だけで記事を2〜3本書けてしまいそうな勢いですが、ストックが尽きると辛いので(笑)順番にいきたいと思います。
110114 004_.jpg
110114 009_jpg.jpg

えべっさんと言っても関西以外では認知度が低いようなので(ツイッターでも質問を受けました)書いてみようと思ったのですが、自分もよく考えるとえべっさんの事を殆どよく知らなくて、これを機会に少し調べてみました。
まず、えべっさんとは七福神の一人で、全国的には恵比寿神・えびす様と呼ばれている神様で、さん付けするのは、神様のことを神さんと呼ぶ関西の気安い文化から来ているようです。
えべっさんは釣竿と鯛を持っていることから、元々は海の神様であったようですが、後に農業や商業の神様としても祀られるようになりました。
また、えべっさんはすごい立派な福耳なのですが、実は耳が遠く、今宮戎神社の本殿裏にも大きな銅鑼(どら)が設置してあり、帰り際にそれを叩いて、ちゃんとお参りに来たことを念押しするという、一風変わった作法があります。←初めて知りました。

普段は当たり前のように思っていることでも、ちょっと調べてみると面白いものですね〜境内の福娘さんばかリに気を取られていてはダメということですね・・・(笑)、すみませんm(_ _)m 反省。

えべっさん入門 ←こちらのサイトを参考にさせていただきました。もっと詳しいお参りの作法など紹介されています〜

と、また前置きが長くなってしまいましたので、今回は概要を少しだけ・・・

PCオーディオを楽しむ上で、高品質な再生環境を目指すにはどうすれば良いか・・・データのリッピング方法、再生ソフト、オーディオインターフェース(DAC)、ケーブル etc.
様々な要因がある中で今回の企画では、パソコン本体のハードウェア面の構成からPCオーディオを考えて見たいと思います。

まず、たたき台と考えているのは、昨年の4月に同じコンセプトで自作したオーディオPC1号機(仮)
簡単なスペックは

CPU:DualCore Atom D510
マザーボード:ASUS AT5NM10-I
メモリ:DDR2 2GB
SSD:intel SSDSA2MH080G2K5
電源:nipron みなもっとさん ePCSA-500P-X2S-MN (ファン交換)
ケース:Windy MAJESTA Rhapsody 2nd
光学ドライブ:基本内蔵せず、OSインストール時のみ内蔵ドライブを使用。


まず、当時考えたのはなるべく低消費電力で出来ればCPUをファンレスにしたかったということと、電源をかなり吟味しました。
主要パーツの中では電源が一番お金がかかっているかも知れません。

以上を踏まえて、オーディオPC1号機(仮)を超えるべく、昨年末から年明けにかけてオーディオPC2号機(仮)を作成しましたので、このシリーズではその製作記を記事にしていこうと思います。
なお、オーディオPC2号機(仮)の制作に当たりましては えるえむさんかないまるさん のHPを参考にさせて頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

自作PCにおいて、各パーツによってどこまで音に影響が出るかを考えた場合、PCのパーツの種類の多さや価格、世代の移り変わりの速さなどからなかなか綿密な聴き比べによる評価ができにくい状況にあります。
そんな中で条件はかなり変わってきますが、同じコンセプトで異なるアプローチの2台のPCを比べていくことで、少しでもオーディオ用PC製作の傾向と対策になればと思います。

ではでは〜次回、シリーズその1へ続きます

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 17:27| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。