2011年11月14日

【新製品紹介 パイオニア N-50】

PC組み込み用、内蔵ハードディスクの高騰に驚きを隠せない 白髪犬 です。
タイの洪水被害の件を前回の冒頭で触れましたが、案の定日本橋でもHDDが値上がりし、この記事を書いている時点で最安値時点から3倍弱ほどの値段となっています。(容量2TB)
これはもう、静観するしかありません・・・幸いにも先日トラブったNASのHDDは予想よりも早く1ヶ月程度で無償交換されて戻ってきました。
今は、更に故障が出ないことを祈るばかりです。

ここしばらく、個人的なゴタゴタやオーディオイベントが重なり、更新があいてしまいました。
オーディオ・食べ物、両方のネタが結構溜まっていますので、随時更新して行きたいと思います。

まずは、最近行ったラーメンで、ちょっと面白かったところを・・・
111114 017_.jpg

五大力 東豊中本店 さんの 五大力(特塩)大盛り。

一見、普通の透明なスープの塩ラーメンのように見えるのですが、こちらのラーメンはコンソメスープがベースになっています。
お店のPOPには、フレンチとイタリアンの修行を積んできたシェフが、こだわりを重ねて生み出したものです・・・と書かれています。

あっさり系の透明なスープなのに、野菜や肉の旨味が凝縮されたようで、非常に味わい深いです。
塩味も濃くないので飲みやすいと言うか、残すのがもったいないと感じてしまうスープです。

従来のラーメンの枠に当てはめると変化球にあたるお店ですが、余計なことを考えず味わってもらいたい味です。
あっさり系のラーメンでは非常にお勧めです!


さてさて、本題の パイオニアの新製品 ネットワークオーディオプレーヤー N-50 の紹介です。
111114_01.jpg

製品詳細(外部リンク)

最近のPCオーディオ・ネットワークオーディオ絡みの製品の多様さは目を見張るばかりで、多数の商品が市場に出回っています。
そんな中で、このN-50は、192kHzまでのサンプリング周波数のファイル再生に対応している点が1番の特徴です。

今まで、同価格帯で単品DACとして192kHzに対応した商品はありましたが、10万円以下のネットワークオーディオプレーヤーで192kHz対応の商品はN-50が初めてになります。
他にも様々な再生方式に対応しており、iPod iPhone のデジタル再生、USBメモリからの再生(96kHzまで)、PCからのUSB出力(アシンクロナス転送、192kHzまで)、ネットラジオ、AirPlay対応、などが挙げられます。

操作系もレスポンスが良く、小さいながらもカラー液晶ディスプレイを備え、視認性も良好です。
DLNAに対応しているデジタルメディアサーバーであれば、特に難しい作業を必要とせず、日本語ファイルも問題なく見れるので直感的な操作でネットワーク上の音楽データを再生することが出来ました。
この辺りのソフトウェアの出来は、国産メーカらしく非常に安心して使うことが出来ると思います。

音の方は、やや明るめの透明感のある音に感じました。特にクセがある感じでは無いので、鳴らすソースは選ばずオールマイティーに使えるのではないかと思います。
あえて言うなら明るく元気なポップスに合うと思いました。
価格を考えるならDACの音も非常に良く出来ているのでは無いでしょうか。

と、ここまで良いところを書いてきましたが、ちょっと残念と言うか、注意点に感じたところもあります。
D-50にはデジタル入出力端子がそれぞれ同軸とオプティカル2系統で用意されていて、単にDACとして使ったり、今ある環境のDACに出力したりすることができます。

それは、運用に柔軟性が出て非常に良いと思うのですが、PCからUSB出力した場合のみ(背面USB端子、Bタイプ)、デジタル出力されないと言う仕様で、要するにDDCとして使えないことを意味します。
なので、PCから出力する際にはN-50の内蔵DACで鳴らすことになります。
さらに、同じくPCから出力した際、176.4kHzのサンプリング周波数のファイルが再生出来ませんでした。(ネットワークプレーヤとしては再生可能でした)

※前面のUSB端子にiPodやiPhone、USBメモリを挿して再生した場合はデジタル出力されます。(96kHzまでの対応となります)

以上のことから、N-50をPCと接続して使う際にはちょっと気を付けなければならないと思いますが、全体的に見ればコストパフォーマンスの非常に良いバランスの取れた万能デジタルプレーヤーと言えます。

店頭にてデモをしていますので、アサヒステレオセンターまで是非お気軽にお越し下さい。

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
N-50は多分買うと思います。LINNのDSシリーズを狙ってましたけど、こっちなら失敗しても痛くないお値段だし改造のベースにもできそうなので。

USB入力のDDCとして使えないとの事ですが、前面のUSB端子からメモリやiPodで入れた音楽もデジタル出力できないのでしょうか?
単に背面USBの話ならPCから出す時点でUSBではなく光か同軸にすれば良いので気にならないのですが。
Posted by くろぇ at 2011年11月14日 16:24
コメントありがとうございます〜

前面USB端子からの入力についてはデジタル出力されます!
ただ、前面USBは96kHzまでの対応になるので注意が必要です。
Posted by 白髪犬 at 2011年11月14日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。