2013年05月27日

【製品紹介〜iFi Audio〜その2】

ペンタックスリコーイメージングのGRが非常に気になる今日この頃、白髪犬です。

さて、前回の予告通りiFi Audio iLinkの紹介を〜と思ったのですが、書くのを忘れていたラーメン屋さんがあることに気づいたので(笑)

四月のはじめ頃、京都の桜を撮りに行った帰りに立ち寄ったお店、近鉄京都線 桃山御陵前駅ガード下 大中(だいちゅう)さんです。
検索してみると結構歴史の古い有名なお店のようで、ガード下と言う立地も昭和の雰囲気を漂わせているお店です。
けっして今風の清潔感あふれるおしゃれな内装では無いのですが、綺麗にしようという努力が感じられ、雰囲気も悪くありません。
2013_05_27_003.jpg
今回は定番と思しき、大中ラーメン ロース(元味) を注文。
スープも元味、新味(和風豚骨)から選べ、味の濃さネギ、もやしの量、トッピングなども無料で色々選べます。
そんな訳で、温泉卵とキムチを追加、味の濃さは普通、ネギ多め、もやし普通、のオプション選択。

さて、まずスープを一口・・・豚骨鶏ガラの濃厚系、一瞬 天一のスープが頭をよぎりましたが、天一のスープよりは濃度がサラっとしていて、何よりも旨みがあるのに臭みがが無く、スープのコクが良い余韻のままに鼻から喉に流れていきます。
麺は京都のラーメンらしい中太のストレート麺。
全体が混ざってくると、キムチやニンニク、紅しょうがに負けない個性と旨味のあるスープが全体の味をガッチリと受け止め、タッグを組んで飽きない味へと昇華させています。

新規開拓はリスクも伴いますが、やはり新しい発見あると嬉しいですね!
京都に行く際は途中下車してもまた食べたい味。ごちそうさまでした。


えー、今度こそ本題w。
iFi Audio micro iLINK(税込 ¥41,790-)の紹介です!!
2013_05_27_001.jpg
2013_05_27_002.jpg
micro iLINK 製品詳細(オフィシャルサイト)

この商品はDDC(デジタル to デジタル コンバーター)というカテゴリの製品になります。
デジタルtoデジタル??と聞いてピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、機能としてはPCのUSB出力を受けて、同軸S/PDIFや光の出力に変換すると言うモノです。
で、その出力とDACとをつないで、PCから音を出します。

と、ここまで読まれた方は、最近のDACはほとんどUSB入力がついてるから、そのままPCとつながるのでは・・・?と思われる方も多いと思います。
ですが、白髪犬が試した範囲では、USB入力を持つDACであっても、高い確率でDDCを通して同軸でDACに入力した方が音のグレードが上がっているように感じます。

ジッターだ何だと難しい話は製品紹介のページをご覧下さい。他力本願です、すみません。

要はDDCで変わるか変わらないかと聞かれれば、白髪犬の見解では変わると答えます。
今回、iLinkを聴いて思ったのは、ボーカルがしっかり浮き出て彫りが深く、背景の音も非常に立体的に鮮度感を持って表現されています。

動作環境はWindowsの場合のみASIOドライバーをダウンロードする必要が有り、MAC、Linuxではドライバ不要です。
ちなみに、Voyage MPDでも問題無く音出し出来ました。

この製品には独自の JET(Jitter Elimination Technology)と言うジッター除去技術があり、スイッチでON・OFFする事が出来るのですが・・・
テスト中、JET ONの状態でLinux環境24bit/192kHzを再生した時に音が出なくなり、このJETのスイッチを一旦OFFにして、再度JET機能をONにすると音出しできたという事がありました。
ごくごく限定的な環境下での事例ですが、JETの機能にON・OFFスイッチがあるということは、新しい技術ゆえの不確定な部分が有るのかも知れません。

ただ、そういった事を差し引いても非常に魅力的な製品であることに変わりはないと思います。

前回紹介した、micro iUSBPower(税込 ¥31,290-)と、今回の micro iLINK(税込 ¥41,790-)アサヒステレオセンターにてお買い求め頂けます。
使いこなしも含めて、興味を持たれた方はツイッター、メール、お電話、お気軽にお問い合わせください〜

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 12:34| Comment(3) | TrackBack(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まってました、このレビュー!
私はFOSTEX HP-A8をDDCとして使うという罰当たりなことをしていますが、それほどにDDCの存在が欠かせないオーディオ生活をしています。
たしかこの製品、出力用の同軸にNORMALとHIGHの二種類あるんですよね?受け手側DACのレシーバーによって、できればHIGHで使用して欲しい旨の開発者コメントを、他所で読んだ記憶があります。
その辺にも踏み込んだレビューも、できれば期待しています!
Posted by ジャイアン at 2013年05月28日 16:47
はじめまして、rascalと申します。
4年ほど前からPCオーディオを始め、先達の皆様のブログを参考に、思い立ってはこつこつと改良を重ねてきました。この度アナログ電源を調べていましたところ、白髪犬さんのブログにたどり着きました。
私も現在、voyageMPD - ifi iLINK - Lindemann DACとつないでオーディオを楽しんでいますので、思わず書き込みしてしまいました。
PCオーディオは適当に組み合わせたままだと、がっかりすることが多いのではないかと思いますが(私がそうでしたので)、ここというポイントを少しづつ理解してそこに手を加えていくと、思いも寄らないすばらしいオーディオシステムに変貌していきますね。CDにもこんな素晴らしい音が入っていたんだ、という感じですね。
いろいろと役立ちそうな(おいしそうな?)情報も満載されているようですので、これから時々ブログを拝見させて頂き、私のオーディオ趣味に活かしたいと思います。よろしくお願いいたします。
Posted by rascal at 2013年12月18日 18:09
rascal様
こちらこそです〜。
最近はスローな更新ですがw、コツコツまったりとやってきますので、気長にお付き合いのほどお願い致します。
基本的には自分の忘備録も兼ねていますので、とりとめのない内容になることも多々ありますが、オーディオライフの一助となれば幸いです。
Posted by 白髪犬 at 2013年12月21日 10:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。