2014年07月19日

【DAHON Dash P8をカスタマイズ〜その1】

夏生まれなのに夏が天敵な 白髮犬 です。

さて〜前回の話題で自転車にハマり気味と書きましたが、ここ最近の暑さで乗る方はもっぱら遠退き、カスタマイズする方に力が向いています〜。
IMG_5655.jpg
愛車のDAHON Dash P8君。(20インチの折りたたみ自転車です)

カスタマイズの忘備録も兼ねてしばらくブログのネタにしたいと思いますw

今の時点でノーマルから変更している所は、サドル、ペダル、シートポスト、グリップ、シフター、アウター・インナー 各ワイヤー、チューブ、タイヤ、ベル、スタンド と視覚的に目立つ部分を中心にカスタマイズしてきました。
で、次はいよいよ駆動系に手を入れていこうかな・・・・と思い、着弾したのが次の部品の数々。

BszPJ1sCMAA5EWJ.png large.png

シマノ 105リアディレイラー RD-5701-SS シルバー
シマノ アルテグラ カセットスプロケット 12T-30T 10速
シマノ デュラエース チェーン(10S)
KMC ミッシングリンク(10S)
チェーンカッター
バイクハンド チェーンフィキサー
PWT インフレーターボンベセット(応急空気入れ用)


主要コンポーネントは安定のシマノを選択、同じシマノのパーツでも見事にクラスがバラバラで(笑)
カセットスプロケットは何故か105のクラスで12T-30Tが無く、一つ下のTIAGRAか一つ上のULTEGRAから選ぶしか無かったので、この選択に。
チェーンはDURA-ACEと下のクラスの金額差が小さかったので、それならと一番上を選択。

狙いはリヤ8速から10速への変更と各コンポーネントのグレードアップ。
しかし、自転車って弄っていくほどやたら専用工具が必要でパーツ同士の互換も効きそうで効かないシビアな面が結構あります。
慣れている人には当たり前のことかも知れませんが、部品選定にあたっても、チェーンやミッシングリンク、シフターや、ディレイラーの対応を細かく合わせていかないといけません。


さて、各パーツの交換の前にまずは下準備で・・・・
IMG_5691.JPG

チェーンを・・・・・

BszZznkCYAAT5E6.png large.png
灯油にドボン。

シェイクして脱脂し、灯油を拭きとって干しておきます〜。
チェーンには初めからサビ防止等の目的でオイルが付着していますが、あまり質が良いとはいえないであろうそれらの油分を落とすというのが狙い?だと認識しています。(ちゃんと仕上げにグリスアップすることが前提)
(灯油での脱脂はシマノ公式では推奨していないとかなんとか、どこかで書いてあったような・・・記憶が曖昧)

以降、自転車初心者の奮闘が続きます・・・その2へ

【ご注意】
パーツ類は型番が同じでも微妙に仕様変更されたりしている事が結構あります。もし、ご自身で試される場合も最新の情報を調べて頂きますようお願い致します。
白髮犬も日々手探り、我流でやっておりますので、何か間違いや、こうやれば良い等のアドバイスを頂ければと思います。


ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
ラベル:自転車
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。