2013年03月31日

【怪しいオーディオアクセサリー】

今年もの季節でテンションが上がっている 白髪犬です!

昨日、行ってきた岸和田城の桜をパチリ。
2013_03_31_001.jpg
天気にも恵まれ、桜もちょうど満開でした!

さてさて、このブログでも過去、エルン冴などのオーディオアクセサリーを紹介させていただいているG-Clefさんの商品で、エレスタという商品ラインアップがあります。
IMG_4164_.jpg
メーカさんの商品紹介から簡単に抜粋しますと・・・、エレスタはマイナスイオンを放出する鉱石を加工して作られた製品で、その作用でオーディオ機器の静電気を除電し機材本来の音を引き出す・・・と言うものです。
製品タイプは色々あるのですが、基本的な使い方は、エレスタを除電したい部分(ケーブルコネクタ部分、I/Oジャック付近、ターンテーブル、CDトレイ、etc.)に置くor密着させます。

と、ここまで書いていて、読まれている方も感じると思われますが、はっきり言って非常ーに胡散臭いです。
しかし、百聞は一聴に如かずで聴き比べるとこれがBefore-Afterで音が変わるんです・・・。

そもそも普通の据え置きオーディオ用のアクセサリなのですが、これをなんとかポータブルで使えないかと考え、本来はCDのトレーに貼る用の『Elesta for DiscU』をポータブル環境のDAP、DAC、アンプの間に挟んで試してみました。

IMG_4165_.jpg
薄型のシートを・・・
(裏側は両面シール面になっていて、保護シートを剥がせば貼れる様になっています)

IMG_4167_.jpg
某ポタピタシートに貼り付けて

IMG_4168_.jpg
機材の表面に貼って多段に重ねます。

視聴環境はAK-100 >光> MB-2 >> fi.Q、ヘッドフォンはベイヤーのDT1350

で、肝心の音はと言いますと、エレスタありでは無しに比べて細かな音が伸びやかに広がり、ノイズ感(実際にノイズがあるわけではないのですが・・・表現が難しい)が減って音の鮮度が上がったような感想を持ちました。

ただ、こればかりは試して聴いて頂かないと納得してもらえないと思います。
白髪犬も聴き比べるまでかなり効果を疑っていましたので・・・、試聴サンプルがアサヒステレオセンター店頭にありますので実際に比較試聴して頂くことが可能です。

『Elesta for DiscU』はもともと片面が両面テープになっており、テープを剥がして貼れるのですが、それでは今回比較レビューができないので上記のような方法をとりました。
効果を実感して常用するなら緩衝材がわりに貼ってしまうのも良いかもしれません。
また、ポータブルアンプの筐体の内側に貼るという手もあります。
工夫次第で色々な方法があると思いますので、興味のある方は試していただけたらと思います。

Elesta(エレスタ)for DiscU BL 税込価格¥10,000-IMG_4164_.jpg
IMG_4208_.jpg

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
ラベル:写真 モノ紹介
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

【次回試聴会】

アサヒステレオセンター(ASC)公式ホームページもよろしくお願いします。

残暑がつらいと思っていたら、一気に秋が深まり、ゴキゲンな白髪犬です。

やや、ブログの更新頻度が落ち気味でイカンなぁと思う今日この頃ですが・・・
最近の記事の続きで、次回試聴会の内容が決定しましたので告知させて頂きます。
題して、『第二回“いい試聴機”で聴こう!ほ〜ぷ軒わくわく試聴会 特集・三田村管打団?』です。
epok_03.jpg

日時は、2012年11月23日(金・祝)13時30分オープン、14時スタート
会場は前回と同じく、南船場 epok さん
入場料は 500円(ソフトドリンクFree)となっております。

試聴会詳細→池谷石黒ウェブログさん

ゲストにバンドリーダー 森本アリさんと、この楽団を長年録り続けてきた録音エンジニア・西川文章さんをお招きして、前回同様トークを交えながらの試聴会になります。
今回は特に試聴ソースの奏者側と録音側、両方の側面からお話を聞きながらの試聴ということで、初めて聴くソースであっても、聴き所やソースにまつわるエピソードを含めてより有意義な試聴会になるのではと、密かに期待しています。

と言っても、試聴会自体は前回同様こじんまりとしたゆる〜い雰囲気を目指していますので、お一人様でも、試聴会というものが初めてでも気軽に楽しんで頂けたらと思います。(白髪犬も当日は会場に居る予定です)
アサヒステレオセンターも素材(ソース)に負けない試聴環境を用意させて頂きます。
又、これも前回と同じくサブ環境として気軽な入門用のシステムも持ち込ませて頂きますので、身近に感じるオーディオも体験して頂けたらと思います。

前回、会場が分かり難いとのご意見を頂きましたので、以下に 南船場 epok(4F ほ〜ぷ軒)さんの場所を載せます〜。
(epokさんのHPも更新されて、より会場の雰囲気がわかりやすくなっています)

epok_01.jpg

epok_02jpg.jpg


【南船場 epok】
Adress
大阪市中央区南船場1丁目1-12
企業交流プラザビル4F
06-6263-1133

SNS
facebook
twitter

プログラム終了後にはお持ち頂いたソースを自由に聴いて頂ける時間も用意していますので、是非 11月23日(金・祝)は予定を空けて遊びに来て下さい!!

後、私事ながら、今週 自身初の海外出張に行かせて頂きます。(10月11日〜18日)
目当ては、12日からアメリカ コロラド州デンバーで開催されるロッキーマウンテンオーディオフェストを中心にアメリカのオーディオ事情を肌で感じてきたいと思います。
また、ツイッター等随時つぶやいていると思いますので〜ゆるく見守って貰えればと思いますw。

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。

posted by 白髪犬(はくはつけん) at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

「“いい試聴機”で聴こう!ほ〜ぷ軒わくわく試聴会」レポート

9月に入っても残暑が厳しく、少々バテ気味な白髪犬・・・です。

さてさて、今日は早速の本題。
先日、アサヒステレオセンターも機材協力させて頂いた「“いい試聴機”で聴こう!ほ〜ぷ軒わくわく試聴会」in 南船場 epok/ほ〜ぷ軒 のレポートを 主に機材を提供させて頂いた側の目線でまとめさせて頂きたいと思います。
09.jpg

全体のレポート、及びソースの解説につきましては取り纏めて頂いた石黒さんのブログをご参照下さい→池谷石黒ウェブログ

会場を提供して頂いた epok/ほ〜ぷ軒 さんは、CDショップ兼多目的イベントスペースという感じで、もちろんオーディオ試聴専用のスペースではありません。それを店長の杉本さんのご協力でスピーカ背面の壁に暗幕を吊って頂き、又、床が絨毯ラグ敷きということもあり音響的に変な響きが出ることもなく良い試聴環境を整えさせて頂くことができました。
05.jpg


【CDブース】
01.jpg


【カウンター】
13.jpg


ASCとしても今回のような試聴会イベントは初めてでどれくらいお客さんが来て頂けるのか不安だったのですが、自分としては思ったよりも来て頂けたのではと思います。
それでも20席の椅子に対して、3分の1程は余裕があったのですがwまぁそれくらいの方が詰め詰めよりはゆったりと聴いて頂けて良かったのではと思います。
(それでも是非次回は満員御礼にしたいな・・・・w)
16_.jpg


以下、当日の使用音源です〜。

ホライズン山下宅配便「りぼん」
http://horaizunyt.web.fc2.com/horaizun/ribonn/ribonpage.html

ホライズン山下宅配便「期待」
http://mapup.net/wp/2012/02/horaizun1/

アニス&ラカンカ「Aniss and Lacanca with the Chill Hearts」
http://ototoy.jp/feature/index.php/2012082400

アニス&ラカンカ「Aniss & Lacanca E.P.」

mmm「ほーひ」
http://rooftop.cc/review/music/120306175517.php

埋火「ジオラマ」
http://qnicc.jp/interview/2011/11/16-194400.php

Cool Quartet with Lina Nyberg feat Eric La Casa「Dancing in Tomelilla」
http://unami.hibarimusic.com/?p=303

YOSHIO KUGE「THE FIST」
http://hibarimusic.com/gallery/kuge/

Amephone「RETROSPECTIVE~re-master」
http://amephone.blogspot.jp/p/retrospective_15.html

チッツ「おはよう」
http://storywriter-w.jugem.jp/?eid=725


曲の合間合間に、今回の発起人である石黒さんと、ほ〜ぷ軒 店長 杉本さんの軽快なトークで、音源についての説明が入ります。
曲の聞き所や、アーティストについての情報、ソースの録音環境についてなど、詳しい解説で試聴に来られた方も聴き入っていました。

ソースの1曲1曲に深い思い入れが感じられました。
15_.jpg


さて機材面で今回使った中で特徴的なものを1点取り上げるとすればはQUAD(クォード)ESL2805 で、コンデンサー(静電)型方式と言われるスピーカーです。
02.jpg

コンデンサ型のスピーカの原理を簡単に説明すると・・・まずユニットが一般のダイナミック型のようにすり鉢型ではなく、平面になっています。
非常に薄いフィルムのような振動膜に高電圧をかけ、その膜の前後を金属板で挟み、そこに音声信号を流して、挟まれた膜を振動させて音を出します。
ヘッドホンではSTAXがこれと同じ方式を採用しています。

特徴としては振動膜がとても薄く、信号に対する応答性が優れ、繊細でスピード感のある音が魅力です。
また、面で駆動して音を鳴らすので、非常に自然で素直な鳴り方をします。
ただ、この方式の構造上、スピーカーの背面にも同じように音が出るため、スピーカの後方に ある程度空間が必要になります。

印象に残っているのはフィールドレコーディングの音源、また、環境音にスタジオ取りの音源をミックスしたソースで、月並な感想ですがQUADでの臨場感、生々しさは凄いものを感じました。

本編の試聴プログラム終了後は一旦締めた後、ラフな雰囲気で持参されたソースを鳴らす試聴形式に移行しました。
撤収時間まで1時間ほどあったのですが、フリーの試聴も途切れること無く、機材についても積極的に質問して下さる方もいて、それだけでもこの試聴会企画に参加させて頂いて良かったと思います。

また、本編の試聴機とは別にサブシステムとして次の環境もセットし自由に聞いて頂けるようにしました。
(サブ試聴機セットは試聴会終了後も9月中旬頃まで、ほ〜ぷ軒さんに置かせて頂いています。)

CDプレーヤーは往年の名機(?)Discman D-20で鳴らすようにしていますwこの辺は完全に個人的な趣味です。お許しを〜〜。
03.jpg

スピーカー:marantz LS603(¥19,800− 実売価格)
プリメインアンプ(DAC):NuForce Icon2(¥35,800− 実売価格)
ターンテーブル:DENON DP-300F(¥36,000− 実売価格)


アサヒステレオセンターHPでも紹介しています。

ミニコンで聴くだけじゃつまらない、ちょっと一手間かけてこだわって、ワンランク・ツーランク上の音を目指そうというのがこのセットのコンセプトです。

もともと、オーディオマニア向けの試聴会ではなく普段オーディオに敷居の高さを感じる方の心をほぐすために為に企画されたこの視聴会。
全体を通して真剣にソースに聴き入っている姿、自由時間で質問を頂いたり、感想を聞かせてもらったり、アクセサリを購入して頂いたり・・・オーディオ店として新鮮かつ予想以上の反応で、微力ながら協力させて頂き、確かな手応えを感じる事が出来ました。

これからも2回3回と開催していけたら・・・と思っていた所、めでたく次回11月23日(祝)に開催が決定しました!
まだ、企画内容詳細は不明ですが、この日は是非予定を空けて頂いて、『第2回 ほ〜ぷ軒わくわく試聴会(仮)』にご参加頂ますようお願い致します!

最後に今回の企画を進めて頂いた石黒さん、音源と場所を提供して頂いた杉本さん、当日会場にお越し頂いた方、感謝感謝!です。

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

【旧製品DACの存在意義】

アサヒステレオセンター(ASC)公式ホームページもよろしくお願いします。

今年は実は涼しいんじゃない?と思う今日この頃、白髪犬 です。
先日、自宅クーラーの故障が分かり、買い換えたもののまだ一度も使っていなかったり・・・去年の梅雨時期はもっとクーラをつけていましたね。
冷夏も困りものですが、節電が叫ばれている事を考えると複雑です。

さて、ブログもちょっとサボリ気味でラーメンネタも続いていますので、この辺でオーディオ店員らしい記事を書きますw。

最近、PCオーディオの話題が増えるに連れて、単品でのDAC(デジタル to アナログコンバーター)の新製品が続々と出てきています。
いま話題のDSD(Direct Stream Digital) に対応したDACも段々と機種が増え、DAC全体では"雨後の竹の子"の勢いです。

一般的にDACはDACチップの性能(対応サンプリング周波数、bit数、DSDへの対応、等)の進化が激しく、新製品の利点が多い商品と捉えられています。

そんな中で最近思ったのは旧製品のDACについてです。
さすがに対応サンプリング周波数やUSBの入力の有無などの機能面では仕方がない部分がありますが、旧製品の中でも中古価格で考えると電源や回路をかなりしっかりと作りこまれて、音的にも見るべき製品が少なからずあります。
今回はそんなDACの中からピックアップして紹介して行きたいと思います。


Perpetual Technologeis(パーペチュアル テクノロジーズ) P-3A
¥60,000(中古価格)発売時参考価格 ¥176,000-
a160_1.jpg

対応周波数:24bit/192KHzまで、入力:RCA/TOS/XLR/DIN

音に濃さと芯が感じられるDAC。
別売の外部電源、DDコンバータを使うことでアップグレードが可能。(中古在庫あり)


Birdland audio(バードランドオーディオ) ODEON-AG
¥80,000-(中古価格)発売時参考価格¥273,000-
a275_1.jpg

対応周波数:24bit/32kHz、44.1kHz、48kHz、64kHz、88.2kHz、96kHz、176.4kHz、192kHz
デジタル入力:3系統、INPUT1(TOS) INPUT2(TOS) INPUT3 (XLR or BNC)

音の濃さに加えて哀愁を感じさせる音楽的な響きが特徴。
ボリューム搭載でDACプリとしても使用可能。


Cello(チェロ) DA-8.1/PS-8
¥300,000-(中古価格)発売時参考価格¥997,500-
a030_1.jpg

対応周波数:20bit/32kHz,44.1kHz,48kHz、8倍オーバーサンプリング可、入力端子:BNC,TOS,XLR各1系統

定位が明瞭で見通しも非常に良い。
解像度感も現行同価格帯(チェロ中古価格)の製品に比べ大きく引けを取ることはなく、音に角や嫌味を感じない表現。
女性ボーカルの響きが心地良い。


以上、非常に簡単ですが紹介させて頂きました。
大きな傾向としては、旧製品のDACは現行最新のDACに比べて、微細な音やクリアな透明感を表現するのはどうしても劣る部分があります。
そのかわり、今のDACが全体的に綺麗な音で広がるような鳴り方をするのに比べ、濃く密度感のあるしっかりした鳴り方をします。

PCとの接続はDDC(デジタル to デジタルコンバータ)を通して利用したり、CDプレーヤーのグレードアップで外部DACとして使うなど工夫すれば機能面の不便さを気にしないで良いと思います。
現行の製品が薄味で冷たく、味気無く感じられるならば、是非、旧製品も選択の一つに加えて頂けたらと思います。

今回紹介させて頂いた商品は、アサヒステレオセンターにて試聴可能です。
ソースを持ち込んでの試聴も大歓迎ですので気軽にお申し付けください。
また、製品についての詳しいお問い合せは各商品リンク先のアサヒステレオセンター問い合わせフォーム、ツイッターアカウント、TELにて受付しております。


ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
ラベル:DAC ASC
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

【リスニング環境をシェアする】

最近、更新が滞おっておりました・・・白髪犬です。

近況を少し、先日、2月4日(土)にASCにて、DSD音源を聴くミニ試聴会をさせて頂きました。
当日の模様は企画していただきましたプランニングロケッツ様のブログにてリポートして頂ける予定です。(まるなげですみません。)
120208_.jpg

ということで、PCオーディオ方面もゴソゴソしながら、DSDの再生につきましても、色々環境整備行っています。
まだまだ試行錯誤の途中ではありますが、興味・ご関心をお持ちの方は、是非気軽にASCまでおこしいただけたらと思います。

さて、今回の本題ですが、先の試聴会の中でも出た話で、イイ音をもっとシェアしよう!と言うお話です。

先日の試聴会では、DSD音源を聴く事が主題であったわけですが、現在、残念ながらDSDのネイティブな再生はまだ"気軽に"出来る状態ではありません。
DSDのファイルをPCに取り込んで、ソフトによってPCM音源に変換し、再生することは比較的簡単に出来ますが、それではDSD音源の魅力が半減してしまうばかりか、DSDに対する誤った評価にもつながりかねません。

では、PCからDSDをきちんと再生するためには何が必要なのか、まず、DSDの入力に対応したDAC(デジタル to アナログコンバータ)とDSD再生に対応したソフト(プレーヤーソフト)が必要になります。

じゃぁ、それでも何とかして今、聴きたいと思った場合、今回のようにオーディオショップでDSDが気軽に聴けたらいいね〜と言う話になりました。
そもそも、今までの試聴に対する認識は、何か購入目的なり、気になる商品があり、それを聴かせて欲しいという要望から成り立つものが大半だったと思います。

その考えから一歩二歩進めて、今自分で機材を揃えることはできないけれど、"イイ音"を聴きたい、新しい音体験をしたい、と思った場合にオーディオショップに聴きに行く、という試聴形態があっても全然良いんじゃないか、と言う事です。
それが、まさにリスニング環境をシェアするという考え方だと思います。


以前、どうせ自分で買えないような機材の音を聴いても無駄、という意見を聞いたことがありました。
それもまた、考え方の一つだと思うのですが、それではあまりにも趣味としてのオーディオに対する考えが消極的すぎるのではないかと思います。

自分の事で恐縮ですが、職場では色々なハイエンドの機材に触れ、自宅ではデスクトップオーディオをコツコツ触っています。
それでも、自宅のリスニング環境を無駄とかデスクトップオーディオへの取り組みを面白く無いと思ったことはありません。

思うことはそれぞれあるかとは思いますが、"いい音"を聴く体験は自分のオーディオに対する"ものさし"を確かなものにすると信じています。
ぜひ、オーディオショップの試聴環境をシェアするつもりで、気軽にASCまでソースをかけに来て頂ければと思います。

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 11:05| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。