2011年12月08日

【プライベート・工作ネタ】SONY HMZ-T1 デコパッド

先日、SONYのヘッドマウントディスプレイHMZ-T1を入手した白髪犬です。
111208_.jpg

発売前からSONYストアにて実機を見て予約を決意しました。すでに多方面でレビューがUPされているように、3Dの自然さ、発色、シャープな画像など、性能的には非常に満足しています。
しかし、映画1本分も見終わると、おでこが赤くなり、かなり装着に違和感が出て不快になります。

そこで、ネットを色々調べていると、他の購入者の感じる不満点もほぼ同じで、改善に向けて色々なアイデアが出されていました。
今回は調べた情報を参考にHMZ-T1のでこパッド(ヘッドパッド)を自作してみました〜

参考にさせて頂いたまとめサイト
http://xfu.jp/hmd/ (HMZ-T1まとめ)
http://www38.atwiki.jp/hmz-t1/pages/1.html (HMZ-T1工作・グッズ @wiki)

111205 005_.jpg
まず、元からあるパッド部分のパーツを剥がします。
両面テープでくっついているだけなので、それほど力をかけず、綺麗に剥がれてくれます。

111205 007_.jpg
デコパッドの台座部分の大きさに合わせて、粘着テープつきのマジックテープを切り、貼り付けます。

111205 008_.jpg
貼りつけたところ。

IMGP0824_.jpg
製作するデコパッドの面積に合わせて、台となる板を切り出します。
今回は部屋に転がっていた0.3mm厚のプラ板を4cm×9cm で切り出しました。

デコパッドの中材にする素材を切り出します。
色々調べて低反発ウレタン素材が良さそうだったので、今回使用しました。

IMGP0827_.jpg
座布団くらいの大きさがあったので、適当なブロックに切り出し、マジックで切断用の線を引きます。
(頭の曲面に合わせて上部をやや厚くしてみました)

IMGP0828_.jpg
低反発ウレタン素材はかなり切りにくいので、綺麗に仕上げるためにはよく切れる刃物がポイントとなります。
新品のカッターの刃や包丁などがお勧めです。今回は刃渡りの長い牛刀を使用しました。
刃をゆっくり大きく動かすと綺麗に切れます。

IMGP0822_.jpg
切り取ったウレタンにカバーをかけていきます。
カバーの生地にはダイソーのサラサラヘアーバンドを使いました。
他にも枕カバーなど、実際頭や肌に触れて心地よい素材を選べば良いと思います。

IMGP0829_.jpg
ヘアーバンドを切り開いて1枚の布にし、中材を当てて、使う面積を計算します。

裁縫が得意な人はカバーを縫って頂けば良いのですが・・・あいにくとスキルが無いので強引に接着していきますw
IMGP0830_.jpg

IMGP0831_.jpg
まず、先程切り出したプラ板とウレタンブロックを接着します。
接着剤は硬化時に弾力性があるものが良さそうです。他には無溶剤だったのもこの接着剤を選んだ理由です。
プラ板は程良く曲げてクセをつけておくと額と密着が良くなると思います。
プラ板側にマジックテープを貼って、本体側にくっつけることになるので、表裏に気をつけて作業します。

IMGP0832_.jpg
1面づつ、順番にカバーの布を貼っていきます。
IMGP0833_.jpg


IMGP0837_.jpg
全面貼り終わり、接着剤が固まってから余分な布を切って整えます。

IMGP0843_.jpg

IMGP0845_.jpg
3つ並べてみました。
真ん中が今回作った2作目、左が1作目、右が付属の標準のパッドです。
1作目も同じ低反発ウレタン素材で十分快適なのですが、やや大きいのと、黒色で作ってみたかったので・・・2作目、ちょっと小さめに、見た目も気にして製作してみました。

IMGP0840_.jpg
実際に、本体に取り付けた写真です。

◯製作のまとめ◯

・綺麗に作るには、布を切るハサミにしろ、ウレタンを切るナイフにしろ、切れ味の良いものを使う。
・実際に肌に密着する部分なので、肌触りはこだわりたい。
・低反発ウレタンの表面に弾性接着剤を塗ったことにより、ウレタンの型くずれを抑え、丁度良い塩梅の硬さになったような気がします。

今のところ、この2作目のパッドを使用していますが、以前のようにデコが赤くなったりすることも無くなり、映画1本分(2時間程度)の連続使用ではノーマルパッドのような不快さを感じることもなく快適に使えています。
是非、この様な面積の広いパッドをオフィシャルのオプションパーツとしてメーカーから販売して頂きたいです。
そうすればもっと多くの人にこの商品の真価がわかってもらえるのではと思います。
又、後継機種が予定されているならば真っ先に改善して頂きたい部分でもあります。

(材料費:ウレタンクッション800円くらい?、ダイソーサラサラヘアーバンド90mm 100円、マジックテープ 300円くらい?、その他・接着剤、プラ板)

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 16:17| Comment(0) | TrackBack(1) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

【プライベート】PENTAX Q がやってきた!

台風の影響があまりなかった大阪日本橋・・・ホッとしている白髪犬です。

先日からツイッターで散々つぶやいておりましたが、ついに8月31日発売の、Pentaxの新製品デジカメ PENTAX Q を手に入れました。
IMGP6270.jpg

(なお、この記事は半Pentax信者の白髪犬がQを入手した喜びと、勢いで書いておりますので、これから購入を検討されている方の参考にはならないかも知れません。ご注意下さい。)

さすがに世界最小200g ナノ一眼 を名乗るだけあって、とにかく小ささと手軽さがウリのミラーレス機です。
IMGP6297.jpg

ボディはマグネシウム合金に革張りで手に持った時の質感が高く、小さいおもちゃのカメラのようでも安っぽさは全く感じられません。
職人によって作られた上質な"モノ"を持つ喜びが感じられます。

購入前から1つ懸念になっていたオートフォーカスの速度も早く(と言っても他社では普通の速度なのでしょうがw)コンパクトに持ち歩いてサッと撮る、と言うコンセプトは生かせそうな気がします。

今年の夏の旅行ではK-xを持ち出しましたが、レンズ1本でもかなり煩わしく感じてしまった(軟弱者トホホ…)ので、それが購入の直接の引き金になりました〜持ち出してナンボ、撮ってナンボ、ですからねぇ。
IMGP0025.jpg
(PENTAX Qで撮影、F1.9 ISO125 リサイズ)

生憎の台風であまり撮れていないのでまだ画質をどうこう言えないですが、なかなか遊べるおもちゃになりそうです!
ラベル:PENTAX Q カメラ
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

【プライベート記事】〜黒檀ホン改造〜

先日からツイッターのヘッドホンクラスタの一部で話題になっている“黒檀ホン”ことDN-HP820EBが来ました〜

詳しい仕様は他でも紹介されていますので、さらっと・・・
ハウジングが黒檀の削り出しにも関わらず、実売価格1499円(送料込み)というリーズナブルさと、出てくる音のコストパフォーマンスの高さから注目されています。

箱出しの状態で聴いた感想は・・・
低価格帯のヘッドホンにありがちな、こもり感が無く、適度な抜けと透明感のある高域が印象的でした。
目立つ嫌な音が無いと言うのが驚きで、このままエージングしても十分価格以上に“使える”ヘッドホンだと思います。


でも、そこで終わっては面白くないのでwちょっと悪あがきしてみようと思います。

まず、ノーマル状態での不満点は、中高域の若干の荒さと濁り、低域の出方のあいまいさ・ボワつきです。

先に色々試されている方のブログ等拝見しつつ、まず定番の吸音材をハウジング内に入れてみました。
(同時にかなり貧弱だった内部配線をSIEMENSの錫メッキ単線に変えました)
_01.jpg

これにより、低域のボワつきはマシにはなったのですが、同時に中高域が若干こもった感じになってしまいました。

そこで、もう一歩踏み込んで響きをコントロール出来ないかと考え、吸音材をドーナツ型にして見ました。
吸音材を内部に仮止めして聴いてみると狙い通り中高域の伸びが出てよい感じになりました。

ハウジング内のネジ受け部分を弾性接着剤で補強し、ドーナツ吸音材も同じく接着固定しました。
ユニットを取り付けるネジも非常に頼りないので、接着剤を塗布しつつねじ込み固定しました。ハウジング上部の穴もリューターで若干広げました。
IMGP5252.jpg

(別にユニットは接着する必要は無いと思うのですが、音質面の他に、自分に対する区切りの意味があります。自分の性格上、際限なく改造してしまいそうなのでww)

ユニットに接着されていたダストカバーも引き剥がし・・・
IMGP5254.jpg


パッドも交換し(SJ55用、卓上オーディオさんの記事を参考にさせて頂きました)・・・リケーブルもして・・・最終形態がコレです〜
IMGP5256.jpg


ケーブルはブルードラゴン・・・はい、完全なオーバースペックですねww

ノーマルからは進化し、非常にバランスの良い音のヘッドホンになったと思います。

ただ、やはり元は1500円。ん万円のヘッドホンには及びません。
あくまで、"価格を考えれば凄い音"の範疇だと思います。
しかし、改造や出音が楽しいヘッドホンです!!価格以上の音は出ますし価格以上に楽しめます。また、手をかければ良い音が出てくれるだろう、と言う期待を持たせてくれる基本性能の高さがあります!


改造に費やした費用が軽く本体価格を超えていますが・・・w これが趣味の醍醐味ってものじゃぁ無いでしょうかww
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 23:22| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

ミニ四駆改造〜塗装編その2〜プライベート

最近トマトラーメンが美味しいと思う白髪犬です。
元々麺類が大好きなのですが、こんな暑い日は、
冷製パスタならぬ冷製トマトラーメンがいいですね〜

さて、昨日の続きでいよいよ色塗りに入ります。
塗装にはエアブラシを使用します。
(エアブラシを使うのは1年ぶり位ですが・・・そう言えばUM3Xというイヤホンを
今回と同じ手法で塗装したような・・笑汗)
mini4 023_.jpg


グレーの下地の上にシルバーを吹いていきます。
塗装する色が明るい薄めの色であれば、下地はホワイトの方が、鮮やかな発色になります。
ただ、プラへの食いつきや傷消し効果はグレーの方が優れていると思いますので
ケースバイケース、一長一短ですね。
mini4 026_.jpg


ここからが今回の塗装のポイントで、シルバーを塗った上に
クリヤーレッドを重ね吹きしていきます。
今回、クリアレッドはモデラー用の高品質な塗料を使いました。
ここでケチると仕上げに大きく差が出来てしいます。
丁寧に何度も薄く重ねて塗ります。
DJ.jpg


仕上げに、トップコートスーパークリア・光沢(缶スプレー)を
これまた何重にも薄く重ねて塗り、よーーーーく陰干しして乾かします。
写真では分かりにくいですが、トップコートを重ねることで質感も更にアップしています。
mini4 032_.jpg


ちょっと良く見るとアラが見えますが、クラッシュなどのリスクもあるので
程ほどにしておこうかなと←言い訳(笑)
先に塗ったシルバーが光を反射して見る角度によってテカリ具合が変わって良い感じです。
しかし・・・アバンテならブルーか紺系が良かったかな・・・


ナンバサーキットさんでちょくちょく走らせてると思いますので、
この記事でミニ四駆懐かしいなあ、と思われた方は是非一緒にやりましょう〜!

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 18:53| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

ミニ四駆改造〜塗装編その1〜プライベート

肉はすき焼きよりもしゃぶしゃぶ派(夏は冷しゃぶ)の白髪犬です。
もう言い飽きましたが、暑すぎます!
先日、良いお肉をいただいたのですが・・・家族で食べ方が真っ二つに分かれました。
と言うより、私一人だけ冷しゃぶだったのですが・・・
この暑さで鍋と言う選択と、あの甘い味付けが苦手です。

さて、最近誘われて始めたミニ四駆に20年ぶりにハマッてると言う事を前回の記事に書きました。
今日、明日と休みな事もあり、ボディを塗装してみました。
塗装のHowtoのようになってしまいますが、
自分のメモ的なものと何かの参考になればと思います〜

昨日までの愛車、アバンテMk.V
mini4 002_.jpg


今朝の愛車・・・間違い探しのような・・・
塗装するに当たって、重量が増えそうな分、ちょっと贅肉を落としました。
mini4 005_.jpg


塗装前には、まず中性洗剤等でボディを洗ってよく乾かします。
コレは塗装面の油分を落として、下地が食いつきやすいようにする為です。
そこから下地のグレーサーフェイサーを吹いていきます。
こうすることで、表面の細かい傷が消えたり、
段差や滑らかにしないといけないところが見えてきます。
mini4 008_.jpg


サーフェイサーが乾いてから細かな凹凸をスポンジヤスリで水研ぎします。
今回はスポンジヤスリを使いましたが、場所や凸凹の大きさによって
耐水ペーパや金ヤスリなど、使い分けると良いと思います。
mini4 016_.jpg


何回かサーフェイサーと水研ぎを繰り返して傷を消し、
仕上げのサーフェイサーを吹いて、次回エアブラシでの塗装に入っていきます。

その2へ続く〜

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 17:47| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。