2012年01月01日

【イヤホンの可能性】

あけましておめでとうございます。
本年もどうかよろしくお願いいたします。


年末年始はテールスープと鶏粥を炊くのが恒例になっている 白髪犬 です。

さて、2012年最初の話題は、イヤホンの可能性ということで、ネタ自体は昨年の12月から温めていたものです。

ある日、ASCに来られたお客様と話をしていて、ふとイヤホン・ヘッドホンの話題になった時に、お客様が『実はイヤホンを自作してまして・・・』と取り出されたのが下の写真のイヤホンです。
IMGP6369_.JPG

今回はこのイヤホンを製作された方とのお話を中心に、紹介させていただきたいと思います。

まず、見た目の綺麗さに驚き、このままどこかの商品と紹介されても納得してしまうような完成度です。
さらにその音を聴き、2度驚かされました。クリアさと鮮度感があり、刺さる手前ギリギリのラインの高域、低域は押出の空気感を感じながらもボワつかず締まっており、高次元でバランスのとれた鳴り方をしていると感じました。

その後も製作者の方に何度もお会いし、製作にまつわる工夫やアイデア、モノ創りへのこだわり等を聞かせて頂きました。
SN3J0140.jpg
(製作途中画像)

私が聴かせてもらったイヤホンは、リファレンスモデルでバランスド・アーマチュア(以下 BA)型ユニット2基(高域・中域)、ダイナミック型ユニット1基(低域)の3ドライバ3way、BAとダイナミックのハイブリッド構成のイヤホンでした。

その後、ごく実験的な試作機で、ダイナミックのドライバをスピーカのアイソバリック方式の手法を取り入れた配置とし、BA2基、ダイナミック2基の4ドライバ、3way というイヤホンも作られたりしておられます。

イヤホンのケースにはジュラルミンが使われており、ユニット周りのパーツは真鍮、ノズルにはステンレス、とそれぞれに応じて素材を変えて、ひとつひとつ手作業の削り出しで製作されています。
IMGP6371_.JPG
(部品の一部)

これらのパーツ全てに気を使って作られている訳ですが、ダイナミックドライバを使ったハイブリッド仕様にしたことで、空気の流れを整えることが重要で、ノズル・音道部分の部品で音が大きく変わるとの事。

様々に試行錯誤された結果、ノズル内部はサンドブラスト処理を施し、現在最終バージョンのノズルには出口部分に螺旋状の歯車のようなチップが取り付けられています。
IMGP6411_.JPG

IMGP6417_.JPG

IMGP6425_.JPG

これらの改良の度、低域の曖昧さ、他の帯域へのカブリというか濁りが無くなり、質の向上が感じられました。
(残念なことに、最後の螺旋状のパーツは製作が非常に困難な為、これから先、作る予定は無いとの事)

これだけユニバーサル型のイヤホンで試行錯誤されているなかで、カスタムイヤホンの事も気になったのでお聞きすると、以前に作っていました・・・と、見せて頂いたサンプルが下の写真です。
IMGP0855_.JPG

これは、型から抜いただけで、まだ研磨していない段階のモノ。
未研磨とは言え、この状態でかなりの透明度で気泡は全く見られず、更に質問すると・・・メガネのレンズに用いるような樹脂素材を使っているとのことで、取り扱いも非常にシビアなようです。

製作者の方曰く、カスタムイヤホンよりも金属ケースを使ったユニバーサルイヤホンの方が、音的に追い込む自由度が高く、最終的に今の形になったという事です。

最後に作られているイヤホンの性格や、まとめ的なことを書かせて頂きます。

製作者の方とお話させていただく中で、このイヤホンについて一致して出てきた感想の中に『シビア』という言葉がありました。
シビアというのは、イヤホンの設計自体がシビアでタイトと言う事でもあり、音のバランスも非常にシビアな環境の上に成り立っていると言う事でもあります。

自作されているイヤホンはコンプライのTX500シリーズのチップを標準に音のチューニングがされているのですが、試しに耳垢フィルターのないシリコンチップで試聴してみたところ、音の印象が変わってしまいました。
SN3J0147.jpg
(製作途中画像)
SN3J0139.jpg
(製作途中画像)

ケースやハウジングに開ける穴ひとつとっても、その大きさが肉眼では調整できないくらいの幅で違っても音が変わるとおっしゃっていました。

市販のイヤホンに比べ、自作イヤホンの存在価値はこのシビアさ、音の追い込みであると同時に、安定して同じ音を出せないというマイナス面もある諸刃の剣です。
それゆえに製作者の方の思い入れも並々ならぬものがあり、いい加減なモノは作りたくない、との気持ちも強く持っておられます。

これまでにも私以外に数名、こちらのイヤホンを聴いて頂いた方がいらっしゃるのですが、その中でも 作って欲しい、譲って欲しい と言う声が聞かれました。
しかし、上記の手づくりゆえの理由(又、手作業による物理的量産不可能)でなかなか難しい状況でした。

ですが、依然、手に入れたいとの声が多く、製作者の方とお話しした結果、ご自身で品質管理出来る範囲のごく少数ロットの受注生産という形で・・・製作のお話が進んでいます。
詳細はまだ不明ですが、予価は70000円前後となる見込みです。(ドライバ等は現行のモノですが、使用されるパーツは基本すべてワンオフの手作りになります)
詳しい内容が決まり次第、ブログ・ツイッターを通しまして発表させていただきたいと思います。


製作者の方のご好意で本イヤホンの試作機を貸して頂いておりますので、ASCまで来て頂ければ聴いてもらう事が可能です。
試聴ご希望の方は事前にツイッター等で白髪犬までご連絡頂きますようお願いいたします。

なお、今回の自作イヤホンにつきましては、 白髪犬とイヤホン製作者様、個人間でのやり取りであり、本件に関しまして、アサヒステレオセンターへの問い合わせはご遠慮頂けますようお願いいたします。

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 14:34| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

【KingRex UD-384 32Bit USB DAC】

もう、今年も残すところ後僅か・・・毎年、過ぎてしまうとあっという間だったと感じる 白髪犬 です。
今年の締めのラーメンはどこにするかな・・・。

最近めっきり寒くなってきましたので、温まるアイテム紹介です〜
昨年も同じ時期に使い捨てないカイロの記事を書きましたが、同じコンセプトで新しいアイテムを見つけたので紹介致します。

ハイマウント(HIGHMOUNT) ハンドウォーマー です。
111227 005_.jpg

このカイロは木炭を燃焼させて暖を取るという、以前紹介したZippoハンドウォーマーよりも更に原始的なシンプルな構造になっています。

使い方も至って簡単。専用の木炭にライター等で火をつけ、息などを吹きかけ少し炭をいこらせて専用のグラスファイバー(白髪犬が小さい頃は石綿を使った練炭あんかが田舎にありました。あのころは石綿って普通に使われてましたね〜)を敷き詰めたケースに入れて暖を取ります。
専用の木炭1本で約8時間温かいです。
111227 011_.jpg
111227 013_.jpg

使い捨てカイロと比べると確かに一手間かかりますが、寒くても熱量が落ちにくく強力です。それでいて、まったりとした暖かさでいい感じです。
1つ気になるとすれば・・・木炭を不完全燃焼させているので一酸化炭素が発生するということ。
ただ、通常カイロを使う状態では気にすることは無いと思います。密閉された狭い空間で長時間使う際は注意が必要ですね。
コストも専用の木炭12本で400円ちょっとだったので、使い捨てないカイロを初めてみてはいかがでしょうか〜。

さて、恐らく年内最後の更新になる今回の本題は、新商品 KingRex UD-384 32Bit USB DAC の紹介です。

KingRex UD-384 32Bit USB DACは年明け1月20日発売予定(予価45000円)のUSB DACでその隣にあるのが 別売の専用バッテリー(予価21000円)です。
UD-384 32Bit USB DAC単体では専用ACアダプターが付属しています。
111227_03.jpg

右:KingRex UD-384 32Bit USB DAC、左:別売専用バッテリー

入力はUSB専用で、Windowsでは専用のドライバをダウンロードして使う形になります。
MACはドライバのインストール不要で鳴らすことができます。Voyageでも試してみましたが、すんなりと認識して音出し出来ました。
出力はアナログRCA 1系統とデジタル S/PDIF 1系統になります。
111227_01.jpg
111227_02.jpg

現時点ではまだ数が少ないですが、サンプリング周波数384khz/32bit の音楽ファイル再生に対応しているのが一番の特徴で、進化の早いPCオーディオジャンルにおいて、先々安心して使って頂けるDACではないでしょうか。
(ただし、DDCとして使う場合、デジタル出力は192khzまでの対応。)


音の傾向は輪郭のはっきりした味付けの少ない素直なDACではないかと感じました。
専用のバッテリー駆動による音質の向上もきちんと感じられました。

只今絶賛ご予約受付中です!
試聴機も店頭に常設しておりますので、気になられる方は是非試聴にお越し下さい。
ファイル形式、WAV、Flac、WMA、アップルロスレス、MP3、等のソース再生可能です。
普段お聴きのソースでお気軽に試聴にお越し下さい。


ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 13:16| Comment(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

【お知らせ】アサヒステレオセンター年末年始の休業日

アサヒステレオセンター年末年始の営業についてお知らせいたします。

12月 29日(木)通常営業

12月 30日(金)店内大掃除日 から 〜

〜 1月  4日(水)まで 年末年始休業日


1月  5日(木)通常営業


とさせて頂きます。
12月も残すところあと少しになりましたが、皆様のご来店心よりお待ちしております。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 18:35| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

【Voyage MPD LANポート 2口活用】

今回は、枕を飛ばしていきたいと思います。白髪犬 です。(ネタ切れぢゃないですよw)

さてさて、今日のお題は久しぶりにVoyageネタになります。

今、Voyageを運用しているPCは拡張スロットが一つあり、それをどう有効活用しようか考え、アイデアを温めていたのですが、知識が追いつかず実践できずにいました。

アイデアと言うのは、開いている拡張スロットにLANの口(ネットワークカード)を追加し、1台のPCで2口のLANポートを持たせます。
そして、1口目のLANをVoyageの操作系の接続に、もう1口をNASとの音楽データのやり取りに特化する、と言う考えです。
voyage_01_.jpg

voyage_02.jpg

それが先日、ツイッターのフォロワーさん(きっしーさん感謝です)のお力を借りて実現することが出来ました。

具体的には、現在のVoyage PCにインテルのNIC Pro/1000 GT(ネットワークインターフェースカード)を増設しオンボードのLANと合わせて2口のLANポートで運用するというものです。
111212 002.jpg

111212 003.jpg

111212 001.jpg

オンボードのLANの口をVoyageMPDの操作系に使用し、インテルNICのLANの口をNASとの接続に使用します。
こうすることで、NASとVoyage PCをHUBを介さず直結して音楽データのやり取りに特化出来るのではないか、というわけです。

それには、2つそれぞれのLANポートに異なるネットワークアドレスを設定してやることが必要です。

実際の設定方法は・・・

vi /etc/network/interfaces

で、元から設定している eth0 がオンボードのLANのIPアドレスで、増設したNICの設定を eth1 として追加してあげます。

auto eth0
#iface eth0 inet dhcp
iface eth0 inet static
address 192.168.1.10
netmask 255.255.255.0
network 192.168.1.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.1
dns-nameservers 192.168.1.1

auto eth1
#iface eth1 inet dhcp
iface eth1 inet static
address 192.168.20.200
netmask 255.255.255.0
network 192.168.20.0
broadcast 192.168.20.255
gateway 192.168.20.1
dns-nameservers 192.168.20.1



上記設定は、あくまで例ですが、eth0(オンボードLAN)のIPアドレスが192.168.1.10 eth1(インテルNIC)のIPアドレスを192.168.20.200 に設定します。

この場合、VoyagePCをコントロールする既存のLAN環境のネットワークアドレスは(192.168.1.◯)である必要があります。
また、NASのIPアドレスはeth1のネットワークアドレス(192.168.20.◯)に合わせます。


これと合わせて、

vi /etc/fstab

で、上記の変更内容に伴い、音楽データのライブラリの場所もNASのIPアドレスに合わせる必要があります。

この状態でNASを増設したNICに(eth1)に直結し、既存のネットワーク環境をオンボードLAN(eth0)に差し込んでVoyageを再起動します。
再生自体は、今までの方法と変わりません。

無事音楽を再生し出したら、大成功!NASとNICをつなぐLANケーブルを引っこ抜いてみて、再生が止まれば間違いありません。

音質評価はこれまでのVoyage MPD の長所が、より伸びて音の濃さも出たように感じます。
ただ、これはIntel NIC の性能も関係しているかも知れません。

Voyage自体、シンプルなシステムで、ハードウェアもVoyageキットのようなシンプルさが音質につながっているのかも知れませんが、ハードウェア構成を詰めていくことにより、まだ更に進化の余地があるのではと考えさせられました。

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

【プライベート・工作ネタ】SONY HMZ-T1 デコパッド

先日、SONYのヘッドマウントディスプレイHMZ-T1を入手した白髪犬です。
111208_.jpg

発売前からSONYストアにて実機を見て予約を決意しました。すでに多方面でレビューがUPされているように、3Dの自然さ、発色、シャープな画像など、性能的には非常に満足しています。
しかし、映画1本分も見終わると、おでこが赤くなり、かなり装着に違和感が出て不快になります。

そこで、ネットを色々調べていると、他の購入者の感じる不満点もほぼ同じで、改善に向けて色々なアイデアが出されていました。
今回は調べた情報を参考にHMZ-T1のでこパッド(ヘッドパッド)を自作してみました〜

参考にさせて頂いたまとめサイト
http://xfu.jp/hmd/ (HMZ-T1まとめ)
http://www38.atwiki.jp/hmz-t1/pages/1.html (HMZ-T1工作・グッズ @wiki)

111205 005_.jpg
まず、元からあるパッド部分のパーツを剥がします。
両面テープでくっついているだけなので、それほど力をかけず、綺麗に剥がれてくれます。

111205 007_.jpg
デコパッドの台座部分の大きさに合わせて、粘着テープつきのマジックテープを切り、貼り付けます。

111205 008_.jpg
貼りつけたところ。

IMGP0824_.jpg
製作するデコパッドの面積に合わせて、台となる板を切り出します。
今回は部屋に転がっていた0.3mm厚のプラ板を4cm×9cm で切り出しました。

デコパッドの中材にする素材を切り出します。
色々調べて低反発ウレタン素材が良さそうだったので、今回使用しました。

IMGP0827_.jpg
座布団くらいの大きさがあったので、適当なブロックに切り出し、マジックで切断用の線を引きます。
(頭の曲面に合わせて上部をやや厚くしてみました)

IMGP0828_.jpg
低反発ウレタン素材はかなり切りにくいので、綺麗に仕上げるためにはよく切れる刃物がポイントとなります。
新品のカッターの刃や包丁などがお勧めです。今回は刃渡りの長い牛刀を使用しました。
刃をゆっくり大きく動かすと綺麗に切れます。

IMGP0822_.jpg
切り取ったウレタンにカバーをかけていきます。
カバーの生地にはダイソーのサラサラヘアーバンドを使いました。
他にも枕カバーなど、実際頭や肌に触れて心地よい素材を選べば良いと思います。

IMGP0829_.jpg
ヘアーバンドを切り開いて1枚の布にし、中材を当てて、使う面積を計算します。

裁縫が得意な人はカバーを縫って頂けば良いのですが・・・あいにくとスキルが無いので強引に接着していきますw
IMGP0830_.jpg

IMGP0831_.jpg
まず、先程切り出したプラ板とウレタンブロックを接着します。
接着剤は硬化時に弾力性があるものが良さそうです。他には無溶剤だったのもこの接着剤を選んだ理由です。
プラ板は程良く曲げてクセをつけておくと額と密着が良くなると思います。
プラ板側にマジックテープを貼って、本体側にくっつけることになるので、表裏に気をつけて作業します。

IMGP0832_.jpg
1面づつ、順番にカバーの布を貼っていきます。
IMGP0833_.jpg


IMGP0837_.jpg
全面貼り終わり、接着剤が固まってから余分な布を切って整えます。

IMGP0843_.jpg

IMGP0845_.jpg
3つ並べてみました。
真ん中が今回作った2作目、左が1作目、右が付属の標準のパッドです。
1作目も同じ低反発ウレタン素材で十分快適なのですが、やや大きいのと、黒色で作ってみたかったので・・・2作目、ちょっと小さめに、見た目も気にして製作してみました。

IMGP0840_.jpg
実際に、本体に取り付けた写真です。

◯製作のまとめ◯

・綺麗に作るには、布を切るハサミにしろ、ウレタンを切るナイフにしろ、切れ味の良いものを使う。
・実際に肌に密着する部分なので、肌触りはこだわりたい。
・低反発ウレタンの表面に弾性接着剤を塗ったことにより、ウレタンの型くずれを抑え、丁度良い塩梅の硬さになったような気がします。

今のところ、この2作目のパッドを使用していますが、以前のようにデコが赤くなったりすることも無くなり、映画1本分(2時間程度)の連続使用ではノーマルパッドのような不快さを感じることもなく快適に使えています。
是非、この様な面積の広いパッドをオフィシャルのオプションパーツとしてメーカーから販売して頂きたいです。
そうすればもっと多くの人にこの商品の真価がわかってもらえるのではと思います。
又、後継機種が予定されているならば真っ先に改善して頂きたい部分でもあります。

(材料費:ウレタンクッション800円くらい?、ダイソーサラサラヘアーバンド90mm 100円、マジックテープ 300円くらい?、その他・接着剤、プラ板)

ツイッターでもつぶやいております。
アカウントをお持ちの方はID hakuhatuken もフォローよろしくお願いします。
posted by 白髪犬(はくはつけん) at 16:17| Comment(0) | TrackBack(1) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。